MENU

風邪になると関節痛になるのはなんで?対処法はあるの?

風邪をひくと頭痛や吐き気、鼻水や喉の痛みなどさまざまな部分で不調が起こります。それ以外にも風邪をひくと挙げられる代表的な症状が関節が痛むというものではないでしょうか?

 

おそらく皆さんも風邪を引いた時に関節が痛い・・・と感じたことがあるはずです。なんとなく風邪をひいたり熱が出ると関節が痛むことがあるというのは理解している方も多いと思いますが、なぜこのようなことがおこるのかを理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

中にはウィルスが関節の痛みの原因、熱によって間接が炎症を起こしている・・・などと考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、風邪による関節痛には全く別のメカニズムが生じていたのです。

 

今回はそんな風邪を引いた時におこる関節痛について理解を深めていきましょう。

 

風邪の症状としての関節痛

風邪は体外のウィルスが体内へ侵入することによって起こります。体内へウィルスが侵入すると白血球がサイトカインという物質を生成します。このサイトカインはウィルスと戦うべく生成される物質なのですが、白血球が気合を入れ過ぎてたくさん生み出してしまうと体内の臓器に機能不全が生じるという副作用も持っています。

 

そこでこのサイトカインがあまりたくさん作られ過ぎないように分泌されるのがPGE2(プロスタグランジンE2)という成分です。このPGE2、臓器の機能不全をサイトカインから守ってくれるという点では非常に頼りがいのあるものですが、逆に発熱や関節痛を引き起こすという副作用が存在します。

 

すなわち風邪を引いた時におこる関節痛、もっと言えば発熱に関してもウィルスが直接の原因ではなく、ウィルスを駆除するために活躍している成分が適量のみ生成されるようにコントロールしている指揮官のような存在PGE2が原因であったということなのです。

 

このことを知っていると風邪のときにおこる関節痛も身体ががんばって治している証拠なんだ・・・とプラスに捉えることも出来るのではないでしょうか?

風邪による関節痛の対処法

ここまでで見てきたように、風邪による関節痛は身体がウィルスと戦っていることから起こる副作用のようなものであるとことが分かりました。ではこの痛みを和らげるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

ものすごく端的に言ってしまうと、これはもう一刻も早く風邪が治るように栄養をとって安静にしているというのが一番です。痛みをとるというよりもその根本的な原因となっている風邪そのものを早く治すことが一番先決とされるからです。

 

それでもどうしても辛い・・・という方は風邪薬の効能に注目して薬を買ってみてください。市販の風邪薬にもさまざまな種類のものがあり、それぞれが異なる効能を持っています。中には関節痛に効果を示す鎮痛剤が配合されているものや解熱剤が配合されているものもありますので、どうしても耐え難い場合はそのような薬を試すのも一つの手段です。

 

またお医者さんにかかっている場合は医師に相談してみると痛み止めのような薬を処方してもらえることもあります。しかし痛みどめを余分に服用すると身体にも負担がかかりますので、よほどの痛みでない限りは我慢してしまった方がよいかもしれません。

 

いずれにせよしっかりと完治するまでは少なからず関節の痛みにも耐える必要が出てきますので、そのあたりは肝に銘じておくとよいでしょう。

風邪に似た症状で関節痛を起こす病気

関節痛を起こす病気はなにも風邪だけではありません。他にも似たような症状の中で関節痛も引き起こす病気が存在します。風邪のような症状に関節痛があるからといって風邪だと油断しないようにしたいものですね。

 

実際にはどんな病気が考えられるのか見ていきましょう。

インフルエンザ

風邪に似たような症状で関節痛もおこる病気として挙げられる代表的な例がインフルエンザです。インフルエンザウィルスによっておこるインフルエンザは急な発熱や悪寒、関節痛を伴います。38度を超える急な発熱な風邪の時より関節が急激に痛み出したというような時にはインフルエンザを疑いましょう。

 

インフルエンザの場合は早急にお医者さんにかかって専門薬を出してもらうことで2~3日で鎮静化していきます。逆にただの風邪だと思って放置するとなかなか回復しないばかりか、下手をすると悪化して肺炎などを併発し命にもかかわるようなことになもなりかねませんので、特にインフルエンザの流行っているシーズンや急な体調不良のさいは診察を受けるようにしたものです。

膠原病

膠原病とは体内の臓器で原因不明の抗原抗体反応がおこる病気の総称です。全身性エリテマトーデス関節リウマチなどが具体的な病名として挙げられますが、どちらの場合も関節に痛みを感じるのと同時に風邪のような症状も現れるため初期段階では風邪との判断もつきづらい病気です。

 

全身性エリテマトーデスなどは全身に炎症がおこるのに対し、関節リウマチなどは関節に局所的な炎症が起こります。場合によっては関節が変形して大変なことになってしまうこともありますので、異変を感じたら速やかに病院で診察を受けましょう。

風邪による関節痛には薬は効くの?

風邪による関節痛は原則として風邪を完治させることが最優先であることが分かりました。これはインフルエンザなど他の疾病の場合でも同じで、やはり根本となる病気を治すことで関節痛も自然とおさまってゆきます。

 

そうはいっても耐えがたい関節痛。湿布のような外用薬や関節痛を和らげるサプリメントのようなものも販売されているわけですが、このようなアイテムは風邪の関節痛には効果を示すのでしょうか?

 

結論から言ってしまえば風邪やインフルエンザのような病気から生じた関節痛は関節そのものが物理的に傷んでいるのと違うため湿布や関節痛を和らげるサプリメントは効果は示しません。

 

ただし患部を冷却するような湿布は一時的にとはいえ清涼感を与えてくれるため気持ちよく感じることはあるかもしれません。熱があるときに氷枕や冷たいタオルを頭にのせるのと同じような感覚でしょうか。

 

リウマチのように関節に具体的な炎症が起きているときは湿布が効果を示す場合もあり、実際に治療薬として内服薬と同様に積極的に使われるケースも多いようです。いずれにせよまずは自分の関節痛が風邪由来なのか、そうでないのかをはっきりさせることの方が先決といえます。

 

風邪の症状と共にすぐにおさまるようであれば良いのですが、なかなか関節の痛みがとれないというような場合においては早めに専門医の診断を受けることをオススメします。気づかぬところで思わぬ病魔が潜んでいる可能性もゼロではありませんからね。そういう時は早めの治療が大切になりますよ。

 

風邪と関節痛

風邪と関節痛には意外と知られていない関係があることが分かりました。それと同時に関節痛を引き起こす病気というのが他にもあるということも分かりましたね。

 

熱やだるさと共に関節痛を感じるようなことがあった場合はまずは栄養を摂って安静にすることが大切です。なかなか症状が治まらないようであれば風邪以外に病気が潜んでいる可能性がありますので、原因の特定に乗り出すことも必要になっていくでしょう。

 

いずれにせよ体調が悪いときはまず安静が一番。それでも治る気配がないようであれば早めにお医者さんに相談するようにしてくださいね。