MENU

関節痛を伴う発熱!こんな時どうしたらいいの?

関節痛と発熱の症状がでたら体からの重要なサイン!今回は、関節痛と発熱の原因、対処方法などを詳しくご紹介します!

 

 

関節痛で発熱症状ってあるの?

関節痛と発熱の原因

 

誰でも一度は、熱が高くなって体の節々に痛みを感じたことがあるのではないでしょうか。一般的には、まず先に熱が上がり、そのあと体の節々の関節が痛み出すという症状が多いため、病院で診察を受けても、風邪やインフルエンザなどの可能性をまず先に疑うことが多いようです。

 

 

発熱が先行した場合の関節痛

通常多く見られる症状として、発熱による関節痛の原因について見てみましょう。

 

 

風邪による発熱と関節痛

風邪と診断され、熱もあって節々の関節が痛む…。この原因は、体の免疫細胞の働きによるもの。体外から風邪ウィルスや細菌が侵入すると、体のバリア機能である白血球が反応します。白血球は、免疫細胞であるカイトサインという物質を分泌し、風邪ウィルスや細菌を攻撃させるのです。

 

 

 

しかし、カイトサインが過剰に分泌された場合、カイトサインが暴走してしまう可能性があります。この暴走を止めるために、体内からPGE2(プロスタグランジンE2)という物質が分泌されます。

 

 

 

このPGE2という物質は、痛みを強める作用があるため、節々の関節が痛み出すという症状を引き起こすのです。

 

 

インフルエンザによる発熱と関節痛

インフルエンザも風邪と同様、ウィルスが原因で引き起こされる疾患です。風邪と同じように白血球から分泌されるカイトサインを抑止するためのPGE2の働きによって、発熱とともに関節痛を引き起こしてしまいます。

 

 

 

風邪ウィルスに比べてインフルエンザウィルスは、非常に強力です。免疫細胞もフル回転で活動するため、痛みの症状が全身に周り、激しい痛みを感じる可能性もあります。

 

 

リウマチ熱

一般的に溶連菌と呼ばれる高熱を伴う疾患です。子供に多く見られる傾向があり、激しい喉の痛みや、嘔吐、発疹などの症状が出る場合もあります。約70%の割合で、全身の関節に痛みを引き起こすと言われています。

 

 

 

放っておくと、心臓弁膜症という重大な障害を引き起こす可能性もあるため、抗生物質を処方してもらうなど、すぐに病院での適切な治療が必要となります。

 

 

関節痛が先行した場合の発熱

熱が原因ではなく、関節痛によって発熱の症状が出た場合、次のような疾患が考えられます。

 

 

関節リウマチ

中年以降の女性に多く見られる関節リウマチは、なんらかの免疫異常によって引き起こされる疾患です。初期段階では、全身の倦怠感や関節のこわばり、微熱が続くといった症状があらわれます。

 

 

全身性エリテマトーデス

若い女性に多い全身性エリテマトーデス。自己免疫異常によって引き起こされる疾患で、関節痛や関節炎、湿疹や発熱などを伴います。

 

 

血管炎症候群

血管炎症候群とは、血管炎に関する疾患を総称したもの。主に。原発性血管炎や、膠原病などが挙げられます。糖尿病や高血圧などの合併症を引き起こすケースも多く、症状としては、関節痛(頸部)・めまい・発熱などがあります。

 

 

痛風

痛風は、激しい関節の痛みを伴う急性の関節炎です。高い尿酸値が続くことにより、尿酸の結晶が関節で炎症を引き起こすことが原因。中高年の男性に多く見られる疾患のひとつです。激烈な関節の痛みと腫れ、発熱を伴う発作を起こします。2、3日で発作の症状は改善されますが、放っておくと、慢性関節炎や尿路結石などへ進行してしまう恐れもあります。

 

 

化膿性関節炎

化膿性関節炎は、なんらかの原因で細菌が関節に侵入し、関節の内部が化膿してしまう疾患です。関節の痛みや腫れ、食欲不振や悪寒、発熱などの症状が見られます。放っておくと、骨まで破壊されてしまう恐れのある恐ろしい疾患で、緊急に適切な治療が必要となります。

 

 

 

このように、発熱から関節痛がもたらされるものと、関節痛から発熱を生じる2つのパターンがあることがわかりました。全体的な傾向としては、発熱による関節痛は、ウィルスや最近に対しての免疫機能の働きによるものが多く、関節痛による発熱の場合は、微熱や倦怠感が続き、重大な疾患である可能性が高いようです。

 

 

関節痛と発熱の対処方法

関節痛と発熱の対処方法

 

発熱が原因で関節痛を引き起こした場合、まずは何よりも病気そのものを治すことが一番の近道となります。熱が下がり、風邪やインフルエンザが回復に向かえば、自然と関節の痛みも取れてくるはず。

 

 

 

発熱で関節が痛み出した時の対処法としては、「体を安静にしてたっぷりの睡眠をとること」。また、乾燥はウィルスの大好物なので、加湿器などで部屋の湿度を保っておきましょう。

 

 

 

鎮痛剤には、痛み止めの効果があるものもあります。症状が軽いようなら、上手に利用するのも良いでしょう。

 

 

 

基本的に風邪やインフルエンザは、身体を温めることが大切です。だたし、眠れないほど痛みがつらいときには、痛みのある部分だけを冷やすとよいでしょう。シップを利用したり、保冷剤やアイスノンを患部にあてることで、白血球の働きを抑え、痛みを軽減する効果があります。悪寒がしないようなら、湯船で全身をゆっくりあたためるのもおすすめ。血流がよくなり、身体の心から温まることで痛みの緩和に効果があります。

 

 

 

また、リラックス効果のあるアロマオイルを利用するのもおすすめ。ラベンダーは痛みを緩和し免疫力を高める効果があり、カモミールには、鎮痛作用があるといわれています。

 

 

 

関節痛が引き起こす発熱の場合、深刻な疾患が潜んでいるかもしれません。微熱や関節痛が2週間以上続くようなら、病院での診察をおすすめします。何らかの疾患である可能性が高いため、きちんとした検査と診断を受けましょう。

 

 

関節痛と発熱を予防するには?

関節痛と発熱を予防するには

 

ある日発症する関節痛。風邪やインフルエンザ、リウマチ熱などのウィルス性による発熱からの関節痛は、できる限り予防しておきたいもの。身体の健康を保つために必要なこととはどのようなものなのでしょうか。

 

 

うがい・手洗い

基本のうがい・手洗いは、風邪だけでなく、インフルエンザや 溶連菌などウィルス性や細菌などを防ぐために高い効果があります。十分に泡立てた石鹸を手のひら・手の甲・指の間・手首につけて、しっかりと洗いましょう。

 

 

 

うがいは、口の中の細菌を洗い流すため、いったん口に含んでクチュクチュと軽くすすいでから。新しい水を含んで15秒〜20秒ほどうがいをします。のどの奥まで水が届くようにしっかり口をあけてうがいをします。

 

 

基礎代謝をあげる

低体温症などの人は、特に試してみたいただきたいのが、基礎代謝をあげること。代謝が活発になり、体温が上がることで病気に強い身体を作ることができます。ショウガや唐辛子やココアなどの身体を温める効果のあるものを積極的にとるようにしましょう。適度な運動で身体を動かすことや、湯船にゆったりとつかって体の芯からあたためるなど、日ごろからの心がけが必要です。

 

 

規則正しい生活習慣

免疫力をあげて病気に強い身体を作るためには、栄養バランスのよい食事と十分な睡眠が必要です。ビタミンやミネラルなど免疫力アップに効果のある栄養素を十分にとることが必要です。サプリメントなどを利用して補給するのもひとつ。毎日の習慣として手軽に摂取することができます。

 

 

まとめ

関節痛と発熱 まとめ

関節痛と発熱の関係は意外にも密接にかかわっていることがわかりました。発熱からの関節痛は、誰でも一度は経験したことがあると思いますが、自己免疫がウィルスと戦っている証拠。免疫機能が正常に働いているという証でもあるのですね。

 

 

 

一方、関節痛からの発熱は、微熱や倦怠感が続くという症状が多く、重大な疾患が隠れている可能性が大きいようです。普段から健康を維持するための生活習慣は、とても大切なものですが、不調が続くようなら、きちんと医師の診断を受けて、適切な治療が必要です。